DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:Fashion
昨日は学校の卒業式。晴天に恵まれて、役員としての仕事もひとつ終わりよかったよかった。
今日の関東地方も日差しがあたたかくて、子どもは「暑い」と半そでになっております…。

日差しが強く、日が長くなるにつれ、どんどん春色が気になってきます。
(それで、先日ベージュ系を買ってしまったような…。)

洋服もなんですが、メイク色も春バージョンにしたくて、毎度ちびちび買い足してるシャドー、今回は大人買い?してしまいました。

これです。

写真

わたくし、このブランドは学生時代から身近にショップがあったおかげでずっと利用しております(シャドーだけ)。
20年以上前のケースにもレフィルがハマるのが愛用の理由。
大手化粧品メーカーは出しても、そのブランド(?)が廃番になったり新しくなるたびにケースが使えなくなったりするので「不燃ごみ?!」とイラッとしていたんですが(ってずいぶん前の記憶…今は違うのかしら?)、これは20年以上ずーっと同じフォルムなので、古いケースも未だ現役です。

サマーの私は、ブルーバージョン(薄い水色から濃いブルーまで)、ピンク&パープルバージョン(パープルがかったシルバー含む)、ミントグリーンバージョン(濃淡)とすでに3ケース使ってるんですが、先日ベージュのコートを買ってしまったら、無性にイエローが欲しくなったのです。
ブルべに合うイエローはレモンイエロー。これがなかなか見つからない。

学生時代、プリスクリ○ティブというメーカーの化粧品売り場で(忘れもしない西武渋谷店!)合うシャドーの診断をしてもらったところ、イエロー(といっても山吹色)とブラウンの組み合わせ。
昔からブルー系が好きだった私は「え~」と思いましたが、まだ学生の自分。ビギナーだから分からないのかと諦めて購入しました。
が。
全然ピンとこない。つけても顔がぼやける。
結局使わずじまいのシャドーとケースが不信感とともに残りました。
思い起こせば、診断の時に茶系の洋服着てました…。そのせい?!
その当時、パーソナルカラーというものを知っていたら、即刻反論していただろうに、あのシャドー&ケース代がおしいです(今頃?!)。

どうしてもブルーが好きだというのは変わっておらず、というか、私のブルべ道は幼稚園時代から始まっていたのかも、と思います。なぜなら、オリンピックだかなんだかの表彰式を見ていて、金メダルが一位、銀メダルが二位、というのがものすごく納得行かなかったからです(当時幼稚園年長くらいか?)。
「銀の方がきれいなのに~」と幼心に思った私。
母親のリングはゴールドで、装飾品もほとんどゴールド系だったので(私分析によれば母はイエベのスプリング)、アクセサリーと言うのはゴールドだと思いこんでいたのに、銀メダルの美しさにものすごく惹かれたのです。
そして自分で服を選ぶようになったら白と青ばっかり。アクセサリーも銀色ばかり。
一昨年くらいにカラー診断して、「やっぱり」と納得したのでした。

おっと、脱線しましたが、そんなわけで、イエロー系は敬遠してたんですが、なんだかイエロー&グリーンのメイクで前述のコートを着たいな~、と漠然と思って、探しに行ったわけです。

スエードコートスプリング
↑このコート。

そうしたら、私でもいけそうなイエローは一色しかない。(本当はもっと青みがかったイエローが良かったけど)
グリーン系によってしまうとミントグリーンの手持ちとかぶる。
どうしようと唸っていたら、常連なので?!お店のお姉さんが春の限定パレットを紹介してくれたのが最初の写真。
「うーん、でもこの茶色っぽいのとかきついピンクは使わないかな~」と言っていたところ、さすがショップセールスレディ。「つけてみるとこんな感じ」「重ねるとこんなかんじ」と手品のように?色合わせを提案してくれました。
「うーんでもでも、単品がいだったらもっと安いよね」と思いながらも、このケースが気に入ってしまい(珍しく白!)、「いいや、春だし!(?!)」とこの春キット、購入してしまいました~。
実際はどうしてもミントグリーン使ってしまうのですが、いつもと違う色を加えるだけでも、自己満足で楽しかったりします。おそらく夏になったらブルーが中心になってきちゃうとは思うものの、できるだけ洋服とともに春色で遊びたいなと思います。
(・・・と言いつつ、先日購入したベージュ系、試着オンリーでまだ外に着て行ってません…。)

今週のセールは…、って、見ちゃいけないんだった~。(←いつまで続くやら…)
春服の季節が長くありますようにと祈る二年生でした(だって、毎年すぐ暑くなっちゃって…!)。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:Fashion
3月20日(金)追記を下に入れてます~。


またまたご無沙汰?してます(対リンク先のブロガーさん)二年生です。
といっても、D社歴は二年以上経ったか…。

関東地方(あれほかも?)、本日春一番でしたね。
PM2.5の濃度も高くなるというので、洗濯物室内に干しちゃいましたが、そうじゃなくてもなんだか土埃たってて(学校に行ったら校庭がすごいことになってた)、花粉症ではないものの、外に干すの、考えちゃいます。

ソチのパラリンピックも終わり、まぁサッカーの試合もひと段落し(でも内田と長谷部はW杯難しいかも?)、あとは世界フィギュア待ちかというところ。

それはいいとして、消費税増税は待ってくれません。
そしてD社の割引プランの締め切りも今月末…。

さてどうしよう?

時間がある時(といっても数カ月に一回?)D社アウトレットに足を運び、カタログと現物を比較して面白がって帰ってきてるのですが、前々回くらい?にアップしたレザーコートをゲットしたくらいで、D社もレザースカート、スカーフくらいで、洋服は何を買えばいいのやら困り中。

というのも、手が出そうなものは売り切れ、残ってるものは予算オーバー。
ああ、役員仕事に給与が出るなら(←いけません、こんなこと言っちゃ)余裕で買えるんだけどなぁ…。
(だって、私がしてるお金もらえる仕事より、役員仕事の方がよほどハードなのです。)
今週も、600人以上の名前を打ち込み、やれやれと。
ふりがないれるだけでよかったので、得意のダダうち(←みかぽぅちゃん語録)で一気に入れましたが、いまどきの子の名前って、漢字だと一発変換なかなか出ない!なので、一部漢字入力が必要なところでは「えっとえっと」と一番先に出てくるであろう熟語を考えて漢字を出したりと面倒でした。
傾向として、いまどきは「音」「梨」「菜」「海」「輝」とかいう漢字が多かったかなぁ。
うちはどれも使ってませんが、こってるお名前は漢字三つで読んでみると洋風とか…。
生まれた子にとって一生ものの名前、一生懸命考えたんだなぁとつくづく思いました。

と、脱線しましたが、手が出そうなのに売り切れたのはこれ。
スパンコールパーカー
このホワイト、おまめさまが購入されてましたが、去年アウトレットにあったんですよ。
でも、ホワイトの羽織物をただでもいっぱい持っている上に、ガサツな私だと引っかけそうな予感がして、迷って迷って買わずに帰ってきました。でも今になって「やっぱり春ワンピの上に着ても良かったな~」と思いました。なぜなら他の白い羽織りものはすべて丈が長いのでシルエットがもっさりしちゃうので、合わせるものによってはシルエットが…。

そしてシルエットと言えば、似合わないと分かってるのに気になって、でも予算が合わないのがコレ。
silk inner onepiece
なぜかとても気になる。シルクのインナーがついてるからか?いや色か?ロング丈得意じゃないけど、春ブーツに合わせたこの雰囲気がとても好き。ただし、自分の体型ではこうはならない気が(背の高いスリムな人に合うと思う!)…。
在庫がまだたっぷりあるので、もっと待てば安く出てくるかなぁ?さすがにこのお値段は出せません。

そしてこのワンピースに羽織りで出てるものが、これまた予算が吹っ飛んでる!
ふぁりえろサルティ
ファリエロサルティの生地でできてるパーカー。
基本的にパーカー得意じゃないうえに、お値段がセール価格にして16953(税抜き)円!
生地の量からしたら、私にはお高くてお高くて!
この生地、ファリエロサルティのトレンチと同じかなぁ?トレンチはやはりアウトレットで見て、思いの外生地の色にはピンとこなかったんですよね。トレンチはすでに持ってるから買う気はなかったけれど、ときめきはしなかった。
ただ、軽快なパーカーだったらどうなんだろう?このワンピースとのコーデは好きだなぁ、と妄想中。
fariero.jpg
このコーデまるごと買ったら(除ベルト)三万以上!・・・無理です。求む、再値下げ!!!

あと私がこの冬コートとダニエルスカート買ったのは表革でしたが、表革好きな私としては、
この二つもチェック済み。

leather shirts
daniel leather pants

この上のシャツは、やはりアウトレットで現物みました。
思ったより重め?というか、ダークよりのお色で、どちらかというとターコイズ系イエベさん向きのブルーかなと思いました。私には顔写りがどうか今一つ自信がなかったのと、汗をかいたり汚したりしやすいシャツにレザーはさすがに汚しそうなので、スルーしました。

下のダニエルパンツ、脇にゴムが入ってるとか、ストレートシルエット(私は広がるのはアウトなのです)は惹かれますが、やはりネックは値段!でも高いうちは残ってると思ったら、どんどん在庫減ってますね^^;。
ってことは「ご縁がないのかしら?」と思い日々過ごしております。

silk tie blouse
それとこのノースリーブがなぜか気になってます。何故かしら?腕太いくせに・・・。
柄物って、本当に直感で、ビビッときたり全然こなかったり。これはなんとなーく茶色モードになりすぎないほど良さが可愛いなぁと。下に何を合わせても良さそうだなぁと思うのですが、これまた予算オーバー。
(基本的に予算は4ケタ!)

一度はダイヤモンドになるくらいじゃんじゃん買ってみたい!

とりあえず先週、家用のもの(引き出しなど)をちょこっと買ったのですが、まだ割引(ゴールド)まで一万円ちょっと足りません。
何を三月末までに再値下げしてくれるの?D社さん?!
祈る気持ちで春休みに突入予定の二年生でした。

続きを読む »

DATE: CATEGORY:SPORTS
前回、オリンピックが終わっちゃったと嘆いていた二年生ですが、今ちょっとぷんぷんしてます!?

だって。

オリンピックの次にはパラリンピックがあるんですよ。この週末開会式はNH●で深夜に中継してたんですけどね、そのあとが「どこだ~!どこでやってるんだ~!!」状態。
オリンピックでは何時間も枠をとってるからすぐに見つかったのに、番組表見てソチを探すのも一苦労。
それも某NH●(いちいち書くことでもないか)くらいしかやってなくて、あとはほんのちょっとの扱い。
オリンピックは羽生くんの金メダルひとつだったけど、パラリンピックアルペンでは、金2つに銀銅をすでに獲得してるのに、一度は「金メダルは狩野選手、他にもメダルを」なんて、名前すら言わなかったニュースがあった。
「それってどうよ~!!

アルペンなんか、表彰台独占できるくらいの実力者ぞろいなのに、メダル受賞者の滑りしか見せてくれない。
私は昨年アンテナ使って見るテレビ契約したおかげで、ソチパラリンピックを見られるチャンネルを発見し、そちらで他の日本選手もみました。ゴール直前、「あとひとつ!」ってところで転倒して、すごくおしかった選手もいた。涙する家族や、視覚障害のスキー、アイスホッケーの座ったバージョン、車いすカーリング、いろいろあるんですよ。
で、他の国の選手はいろんな種目に出てるんですよ。
でも日本はごく限られた競技のみ。
絶対に環境面がおおきく違うんだと確信していますが、その中でも日本のメーカーも協力してメダルを量産する勢いなのに、この注目度は何?!
スポーツニュース、結局いつもの野球とかサッカーばっかり。
私はスポーツバー店長として、もちろん他のスポーツも好きですが、なんだかパラリンピックが軽視されすぎてて悔しいのです。

学生時代、ゼミの先輩が新聞社にいたことと、飛び回って人と会うのがあってるかと、某大手新聞社をスポーツ枠で受けたんですよ(他のゼミ仲間は一般記者で受けたらみんな筆記で落ちた・・・笑)。
そして面接の時。一緒に待ってた人は、水泳の選手かなんかで「げ、体育会系の競技実績ある人だけ?(←そういうひとがうまい記事を書けるかというとそうではないだろうと思うが)」と思いつつ、「私の訴えたいことは別系統」と思って面接に臨んだんです。
「何がやりたいのか」(←一番ありがちな就職面接の設問)、で私は「もっと障害者スポーツが注目されるように記事にしていきたい」って言ったんですよ。そのころはまだ国枝慎吾選手(テニスで世界トップ)も出てきてない、特別知り合いがそういうスポーツやってるわけでもなかったんですけど、外国旅行するたびに「なんか、日本て障害ある人が堂々と、楽しめる社会じゃない、なんか遠慮してるというか、表だって活動する雰囲気がない」って思ってたんです。
だから、そういう風潮を帰るのには、メディアが一番じゃないかって漠然と(単細胞な私が)思ったんですが、
それに対する返事は、
「それって、スポーツ面じゃなくて、社会面の記事じゃないの?だったら一般記者で受ければよかったじゃないの」
でした。

「そうなんだ、障害者のスポーツはスポーツじゃないんだ?!」
私はなんとも言えない無力感を感じ、結局その新聞社とはご縁がなかったという・・・(←落ちただけだ!)。


パラリンピック映像見てると、カナダやアメリカとか、私が漠然と障害者の環境が整備されてるイメージの国は出場者が多い気がする。日本だって、2020にはパラリンピックが来るんだから、もっともっとパラリンピックに(冬季と言えど)注目してもいい気がするのに。

日本て、いわゆる健常者でない人に対して、どうしても視線が冷やかだったり、物珍しそうにしてたり、すごくそういう差別というか、何かを感じるのは私だけ?

おかあさんといっ●●、とかのテレビ番組に車いすの子どもが出たことあったっけ?、たしか海外ではそういう子も普通の子と一緒に出てたような、自然に一緒にいられる環境というか、そんな感じがしたんだけど・・・。
障害のある人だって、好きで障害者になったわけじゃないのに、自分だって事故にあって障害者になるかもしれない、自分の子どもやそのまた子供(孫)が障害者になるかもしれない、その時どんな対応をしてほしいか考えたら、そんな風にみんなが考えられたら、もっとあたたかく応援する視点で、パラリンピックを観られるんじゃないかなぁと思うのですが。

このところとってもお疲れモードなので、走り書きのようになってしまいましたが、私はできるだけオリンピックと変わらず、パラリンピック、応援していこうと思います。

ってことで、またちょくちょくソチ行ってます~。
で、3月中に何か買わないと、ランク割引が消えまーす。ああ忙し(笑)。

ではでは、まだ寒さ残ってますが、皆さんお気をつけて(この近辺はまだインフルエンザが残ってるようです)>

copyright © 2017 Lab Love Love all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。