DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ごあいさつ
ご覧いただいてる皆さま(ってそんなにお客さんいらしてるのかしら?)、こんばんは、二年生です。

昨日加圧トレーニングして、一気に今日ヘロヘロになってつぶれていた私。
やっとこよそ様のブログをのぞいてみたら、なんだかあちこちお留守になったり、コメントがたくさん出ていたりで、「ひえぇ~!」でした。

本当は今回は「デザイン」について書く予定でしたが、予定変更しなきゃいけない空気~…

私は女性ですが(←当たり前?)、女性ならではの嫉妬とか、そういうものに巻き込まれた記憶がなくって(←もしかしたら気づいていないだけかもしれませんが~・・・)、今回のドタバタにどうにもこうにもピンと来ておりません。
しかし、なにせ新参者。私の知らない時期の積み重ねが、今回こうして出てきたのか?とか、あくまで想像するしかありません。そして、私が気ままに記事を書いたりコメントしたりしていて、どなたかが不愉快に思って、それについて不満があがって、私に対して何かアクションがあってはならぬと、未然に防ごうとしてくれてたの?とか、妄想(被害妄想含む?!)で唸っているところです。

ふと、部活時代のことを思い出しました。
下の学年が、内部分裂しちゃって、数人が辞めると言い出したのです。
私は卒業時「お母さんみたいでした」と色紙に書かれるくらい、お節介かあちゃん的な存在だったらしいですが、
後輩たちがもめた時も、当事者双方に「まぁまぁ」と声をかけておりました。
私にとってはだれもが可愛い後輩。みんなで仲良くやって欲しかったんです。
同学年の仲間には「そこまで面倒みなくても」と思われたと思うのですが、スポーツが嫌いになってとか、怪我をしたから、とかではなく、「仲間とうまくいかないから」という理由で、好きだったはずの部活も、先輩後輩との生活もやめてしまうなんて、もったいない。
だから、こっちが泣きながらもなんとか丸くおさめようと話していました。

でもね、結局数人が辞めてしまいました。
残る意志の強いメンバーはもちろん引退まで続けましたよ。
そして、辞めちゃった後輩も、会えば仲良く話せましたよ。
でも、引退後会えるとなったら、最後まで続けたメンバーだけ。
大好きだった、可愛い後輩数人とは、それから会えずじまいです(涙)。
「なんでそこまでもめなきゃいけなかったのか?」
幸い、私は自分の学年や友達関係で、こういう事態に陥ったことがありません。
なので、推測でしか書けません。
でも、おそらく、辞めた後輩には「もうどうなっても元には戻れないくらい傷ついた」とか「許せない言葉を浴びた」とか、そういうことがあったんだと思います(←そこまで突っ込んでは聞けなかった)。
そして、残った後輩たちも、「こちらが悪くないのに、なんでそんなことでご機嫌とらなきゃいけないんだ?」的なところもあったのかなと。
ここまで当事者同志がこじれてしまうと、いくら周りが理想論を抱いて説得しても、無力なんですよね。
それを高校生で悟りました…。

いつだか、太陽のことを書きました。(←アホちゃう?と思われた方もいらしたかもしれません~ファッションブログのリンクで「なんじゃこりゃ!?」と。)
でも、私は地球とか、太陽とか、宇宙とか、そういうのが好きで。
子どもの頃読んだ「地球」という本(おそらく)での、太陽系の絵に猛烈惹かれ、さらに、子供時代は松本零士アニメなんか流れていたもので、壮大な宇宙とかが好きになりました。
そして、「地球の歴史、太陽の寿命を考えたら、人間てちっぽけだなぁ」と思ったのです(←ませガキ)。
「だったら、どんなにへこんでも苦しんでも、宇宙からなんて全然なんともないことなんだ、だったらちょっとでも輝くように生きなければ!」(←これまたバカみたい?!)とも思いました。

とはいっても、それは理想論。日々の生活もバタバタしてるし、「悩み事を挙げてみろ」といわれれば、何個も出てきそうです。
でも、ここで方向をどっちに持っていくか。
悶々と悩み続ける→くすんでいくだけかも~
だったらこうしてみようと前に進んでみる→とりあえずどうなるか分からなくても、現状は脱出できそう?
私も、もちろん悩みの種類によっては日々悶々としていることも、なくはないのです(これでも…)。
でも、自分の意志で前進しようと思えば進めるものは、なんとか脱出を試みます。
(あ、それの一部に、ストレス発散兼ねた、ファッションがあるかもしれません)
現状を誰かの責任にしても、それは自分にもなんだか淀んだものが残るような、そんな気がします。

そして、嫉妬?とは逆、といえるか、わかりませんが、私にいつも働く気持ちがあります。
「もっと大変な人はたくさんいるのだ!」
ぶつくさ文句を言う子どもにもよく言いますが、このセリフ

「あのおもちゃが欲しい~」と駄々をこねる子ども。「震災でお家もおもちゃも全部なくなっちゃった子だっているんだよ!あなたたちにはこれだけのものがあるじゃない(それって幸せなんじゃないの?)」とか
「あ~、もう子育てストレスで倒れる~(自分です)」→でももっと大変な環境で子育てしてる方々もたくさんいるのよね!
「あーあ、やんなっちゃうな~」→今日一日、無事生きられるか分からない生死の不安を抱えながら過ごしてるひとだっているんだから、生きてるだけで有難いと思わないと!

などなど~。

こうしてブロなんぞに言葉をかけるのも、パソコンがあるおかげ、電気が通ってるおかげ、それを書く手が動くおかげ、そしてそういう時間があるおかげ。
逆算みたいになるかもしれませんが、世界では日々の食べ物が確保できるかもわからずに生活している人たち、
いつ爆弾で亡くなるかわからないような状況下で暮らす人たち、いろいろなんですよね。
そして、そういった地域では、こんなパソコンに向かって悶々としてるとか、お洋服選んでるとか、そんな私たちをみたら「のんきでいいねぇ」って思うんじゃないかなぁ・・・。

私は、財力があるわけでもないから、大きなことはできません。
でも、せめて自分の周りのには、いやな思いをさせたくないなと思います。
ちょっと誰かに不満を感じてる友人がいたら、不満を聞いてあげて吐き出させてあげて、でもそれが何かその先へマイナス方向のアクションとして進まないようにはなだめるとか(ま、限界ありますが)、自分が苦手だと思えば、程よい距離感を保つとか。
事なかれ主義、と言われれば、正直そうだと思います。
でも、ぶつかって、何かいいものが得られるのかなぁ?
政治家とかは逆にぶつかって意見を交わさなきゃいけないと思うし、仕事だって意見交換しておかしいものはおかしいというのは必要です。
でも、ブログはあくまで個人的なひとり言の延長のような気がするので、こういうぶつかりあいはなくていいような…。
よくも悪くも、子供時代から、そうしたぶつかることを回避して生きてきたので、きっと私はこれからもこのスタンスだと思います。(というか、正直気付かない鈍感なまま、ともいえるかもです…)。
「人の言葉の裏を読む」ということも苦手。だから、今回は頭の中がねじれそうです。
でも、
楽しむために、ブログ読んだり書いたりしてるんだもん、楽しめばいいんだよね
と思ってます。(あ、「そうじゃないよ」というご意見あればぜひ~新米故、先輩読者様からの見解も勉強になりますゆえ…。)

もし私が書いた記事が不愉快とか、「こういう人って」などと思われた方がいらしたらすみません。
でも、不愉快に感じられた方がいらしたとしてもコメントをいただかないと、それに私は気づけません。
(重ねがさね、鈍感で申し訳ないです)
なので、どうしても「こういうことは書かないでっ!」と思われることがあったら、どうぞ非公開で構いませんのでご意見ください。

そして、なんとなーくついでに立ち寄っていただいてるお客様(いらっしゃったら)、一言でいいので、コメントいただければと思います。拍手をいただいているようなので、少なくとも私以外でこのサイトを開いてる方はいらっしゃるのだと思いますが。

せっかく人間に生まれたのだから。
頭を使って、考えたり悩んだりできるのも人間ならでは。
(犬は、食べて~、寝て~、散歩行って~、遊んで~、甘えて~、で、時々「あれ?ママご機嫌悪い?」とあくびをして目をそらす程度です~
日常に困難を伴う状況でも前向きな考えを持っている方はいらっしゃいます。
家庭環境が大変でも、踏ん張って前進している方もいらっしゃいます。
気分転換のためのブログ散歩で不愉快な気分になっては本末転倒な気がします。
なので、ブログ作っている方も、読んでいる方も、どうかご自身のためになるように歩んでください。
いくらPCに向かって怒っても、泣いても、一番大切なのは、ご自身の生活なのです。
(←といいつつ、ストレス満々の時は現実逃避してD社サイトで買い物妄想するという逃げ道を使う私…)。

相変わらず、財力不足のために、お買い物情報の少ないブログとなりますが、そんな私のブログでもよろしければ、お気軽にお立ち寄りください。

まとまらず(やっぱり長い~!!!)読みにくい文章で失礼しました~。
スポンサーサイト
コメント

こんばんは♪

二年生ちゃんらしい記事だね(⌒-⌒)

部活で一所懸命だった姿が目に浮かぶ。
そしてきっと子育ても二年生ちゃんらしいまっすぐに向き合ってしてるんだろうね。

>でも、
>楽しむために、ブログ読んだり書いたりしてるんだもん、楽しめばいいんだよねと思ってます。

うん。そうだよね。
おまめさんが言うとおり、100人いたら100通りの考えがあるし、私たちブログ書いてる人も万人受けする記事を書くわけじゃない。
どこで反感を買うか、不快な思いをさせちゃうかわからない。

でも自分の思いを発信して、それにコメントをいただく。
自分も感じたことをコメントする。それにお返事をいただく。

こうして蓄積されていくあったかいもんって確かに存在するんだよね。

だからやっぱりしばらく私も続けようと思う。
パパが働けなくなって、子育てや将来のこと、不安だらけでパンパンに気ぃはってるときにはじめたブログだけど、たしかにこうやって二年生ちゃんやみなさまと交流してることによって、あったかいもん蓄積されてきてる。

ほんでそのあったかいもんがエネルギーになっていくような気がする。

あ、ちょっと語っちゃった( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

さぁまた一週間が始まるね☆
元気出して頑張ってこね(*^-^)ニコ

おっつー。
(大学生がいつもこういってるんだけど、あるいは方言か?)

唐突ですが、
私、野生のサルの研究をしていた時代があり、当時
とってもかわいいおサルがいたんです。

もう、子供を生んだ事がある位のおサルさんなんだけど、
サルって、子供生むと急におばちゃんくさくなって、意地悪になって、お尻が重くなっちゃうんだけど、
そのおさるは、陽気でいつも子供みたいに一生懸命・・・
活動的で、周りのサルのことが気になってしょうがない。
顔も童顔でかわいくってー。
サルが?って思わないでくださいね。サルって、ホントに個性的なんですよ。
名前をシフ、といいました。わたしはシフリン、と呼んでいました。
わたしは このおさるさんがあんまりかわいくて、大好きで、いつのころからか、なにかあるとシフリンと名乗るようになりました。ある程度の年齢になってからはおばさんっぽくシブリンと変えましたが。

二年生ちゃんの記事を読んだら、ほんとにひさしぶりにシフリンのことを思い出しました。
あ、おさるさんあつかい、じゃないんですよ。私の大事なかわいいシフリン扱いですからね。

変な話になっちゃってーごめんなさいー。
また楽しいブログ待ってますよー。

Re: タイトルなし

> こんばんは♪
:
あーん、みかぽぅちゃん~(v-409)!

> 二年生ちゃんらしい記事だね(⌒-⌒)

「そ、そうかなぁ(ポリポリ)」(←いやぁ、これをうざったいと思われちゃうかもとか、被害妄想交じりですがな~←これは関西弁とは違うか?:関西人になりたい人)

> 部活で一所懸命だった姿が目に浮かぶ。
> そしてきっと子育ても二年生ちゃんらしいまっすぐに向き合ってしてるんだろうね。

部活は超まっすぐだったv-355。子育ては葛藤の連続でひねくれたりしてるよv-414
中学時代から怪我しまくりで、やる気満々なのにドクターストップされて泣きまくりだったけど、その分、審判しながらテクニック一生懸命見て、ノートに書きしるしたり、声出し一生懸命やるとか、あとは~、試合メンバー漏れて落ち込んでる子のフォローとか、まぁサボり癖ある子の引っ張りだしとか~、会計とか、って…。
やっぱりお節介かあちゃんだったかも~!!!
(でも、一応テニスではないけど、都で数本の指に入る学校でAチームメンバーだったんだぜぃ→今度はスギちゃん:子どもたちがなぜかとても好きである…v-411v-356

> 100人いたら100通りの考えがあるし、私たちブログ書いてる人も万人受けする記事を書くわけじゃない。どこで反感を買うか、不快な思いをさせちゃうかわからない。

そうそう、それが怖いところでもあるけれど、受け手がしっかり自分を持っていれば、読み流すなり、見ないなりできるはず~(というか、私はおそらく無意識にそうやって生きてきてるかも)。それを越えて何か起こってしまうと、ちょっと処置が難しそうだ~。

> でも自分の思いを発信して、それにコメントをいただく。
> 自分も感じたことをコメントする。それにお返事をいただく。
> こうして蓄積されていくあったかいもんって確かに存在するんだよね。

そう、実生活でのコミュニケーションで話せないネタとかでも(いやぁ、私は結構ファッションネタ以外はほとんど同じようなこと言ってるんだけど~、だから読んだら「あれ?これって○○ママのブログじゃない?!」と気付かれる気がする~…。)いろいろ意見聞けるしね。
その交流をあったかいものとして、エネルギーに変えられるようにブログをお散歩したいよね。
うーん、みかぽぅちゃん♡、なんだか本当に一緒に(同期)始められてよかったよ~♪。

> だからやっぱりしばらく私も続けようと思う。
> パパが働けなくなって、子育てや将来のこと、不安だらけでパンパンに気ぃはってるときにはじめたブログだけど、たしかにこうやって二年生ちゃんやみなさまと交流してることによって、あったかいもん蓄積されてきてる。ほんでそのあったかいもんがエネルギーになっていくような気がする。

うん、もうちょっと頑張ってみようか。
みかぽぅちゃん、大変でパンパンなのに、持ち前のパワーが感じられる記事で大好きだよv-344
そして、こうした交流を自分のパワーにできるのは、それを読んで感じ取るみかぽぅちゃんの人間力もあるからだと思うの。
ガシッ(←遠距離ハグのつもりv-411

> あ、ちょっと語っちゃった( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

いいのいいの~。どんどん書いて~(私、改めて見たけど、超高速で打ったら、ものすごい長い記事になってた~v-411v-356。ある意味、長すぎて感動した…v-355。)
昨日はお客さんいらしたのに、なんだかさびしいんだもん!

> さぁまた一週間が始まるね☆
> 元気出して頑張ってこね(*^-^)ニコ

そうだね!
私も今月は結構バタバタ(いや、来月はもっとドハマりで役員がらみでバタバタ)なんだけど、
なんとか頑張るよ~。
また来てね~!行くから~♪!

Re: タイトルなし

> おっつー。
> (大学生がいつもこういってるんだけど、あるいは方言か?)

しぶりん様~!再来店ありがとうございます~♪!!
(「おっつー??」って?「おっす!」の変形バージョンですか??地域は何処でしょう?)
→関西人にあこがれて数十年。残念ながら親もその親も東京で「田舎がない!」というのが小学生のころの悩みだった私ですので、ちょっと見当がつきませんv-356

> 唐突ですが、
> 私、野生のサルの研究をしていた時代があり、当時
> とってもかわいいおサルがいたんです。

サル!v-14サル!!v-14v-14
ひえええええ。
実は、私、高校時代に野生のサルに引っかかれたことがありまして~。
海に遊びに行ったら、手持ちのバッグをひったくられそうになり、犬にやるのりで「ダメだよ」と言ったら、
すごい形相で引っかかれて、腕に傷ができ、日焼けして数年間、痕が残っておりました~(泣)。
犬派だからということではなく(犬猿の仲って本当?)、それがトラウマであまり得意ではございませんが~。

> もう、子供を生んだ事がある位のおサルさんなんだけど、
> サルって、子供生むと急におばちゃんくさくなって、意地悪になって、お尻が重くなっちゃうんだけど

あは~v-411v-356
思わず太字にしちゃいましたが~。確かに腰から下が冷えやすく、重くなりました~。
実は第二子を異国で出産し、産んだ数時間後に「うち帰っていいよ」と言われる扱い(泣)。
日本だったら5日くらい入院で休めるのに、もう産んだらすぐ現実に戻されて、無理がたたってその後何カ月も病院通い続いたり、おかげで骨盤もおかしいままですが、そんなことに負けてスポーツやめたくないので、腰痛と戦いながらテニスしてます!(ここで諦められないのが私…)

> そのおさるは、陽気でいつも子供みたいに一生懸命・・・
> 活動的で、周りのサルのことが気になってしょうがない。
> 顔も童顔でかわいくってー。
> サルが?って思わないでくださいね。サルって、ホントに個性的なんですよ。
> 名前をシフ、といいました。わたしはシフリン、と呼んでいました。

犬も個性的かと思いましたが、ある意味、やはりサルとかチンパンジーとかの方が、人間に近くて、より内的な個性が多様化してるんでしょうか~(←もうちょっと勉強してみたくなったぞ!)。
犬でもボーダーコリーがダントツで賢いと言われてますが、そして小型犬の方がしつけが入りにくいという感じがしますが、動物でもサルよりチンパンジーとか、実はゴリラよりさるとか、そういうのってあるのかしら??
たしかチンパンジーが賢いんでしたよね??すみません、どんどん脱線しますが、好きな科目が社会と理科なもので~!!ウッキーうきします(←、あ、これはだめ?削除?v-356)。

> わたしは このおさるさんがあんまりかわいくて、大好きで、いつのころからか、なにかあるとシフリンと名乗るようになりました。ある程度の年齢になってからはおばさんっぽくシブリンと変えましたが。

なるほど!お読みの皆さん、やっとしぶりん様のお名前の由来が明らかになりました~v-308
そこであえて濁点入れて、というのが一ひねりありますねぇv-391

> 二年生ちゃんの記事を読んだら、ほんとにひさしぶりにシフリンのことを思い出しました。
> あ、おさるさんあつかい、じゃないんですよ。私の大事なかわいいシフリン扱いですからね。

ん??
ちょっと待ってください。(←国語読解苦手な人)
私、似てます?!
お尻重いところが?!(←いや、ご存じのはずはない…)
あ、子どもみたいに一生懸命が、ですかね?
みんな周りは笑ったり、呆れたりしてますよ~。
テレビやネットでテニス見て猛烈寝不足だとか、疲れてるのにトレーニングするとか、友達の話聞くためにものすごい夜遅くまで付き合ってるとか。「よくやるねぇ」って。
でも「らしい」とも思われているかも…。それを笑って聞いている人ばかりです(もしかして呆れて引いてる人いるのかなぁ←だとしたら気づいてないか、ネガティブにとっていません、私…)。
年老いた母親にも、ずっとまっすぐすぎる?ところ、「子どもねぇ」と呆れられます。
ある意味母親は裏を読みすぎるところがあるので、私がまっすぐにぶつかっていくのがバカに見えるらしいです。でも、裏を読まずにまっすぐにあたって、それでうまくいけばいいかと。
(テニスのトスでも、絶対に「表」で行く人)
まっすぐぶつかって嫌な人はよけてくれるし(←車じゃないんだけど)、思いを受け止めてくれる人は聞いてくれるし。そういった意味では、「子供みたいでバカみたい」と言われてる可能性もありますが、変わらずこのままで生きて行きそうな気がします~。実際今も、まっすぐなまま出会った人たちとの交流は楽しいです♪。

> 変な話になっちゃってーごめんなさいー。
> また楽しいブログ待ってますよー。

私もへんてこなお返事だったらすみません!
国語力は不安ですが、これからもお付き合いください!
ありがとうございました!(ペコリ)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 Lab Love Love all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。